医師とお互いに協会し合って、素敵な笑顔で毎日を

放置ダメ絶対!

CONTENTS

うつ病の治療について

日本国内だけでなく世界中に患者がいるうつ病は、その治療法も世界中で研究されており、様々な治療方法が開発されています。症状にもばらつきがある為、治療方法から費用まで人によって異なります。

もっと読む

一般的になったうつ

うつ病は現代社会では広く認知されている病気となっている為、一般企業でもメンタルケアを取り入れるところが増えてきています。ストレス社会が続いていく中で今後もうつ病に対する取り組みは進んでいくと言われています。

もっと読む

うつ病の症状

うつ病の症状についての説明

うつ病とは、脳が機能障害を起こして発症すると言われています。機能障害の原因はまだはっきりと判明していませんが、遺伝的なものや、精神的および肉体的ストレスによって機能障害がおきている可能性があると近年の研究でわかってきました。うつ病の具体的な症状は、やる気が起きない、人に会うのが億劫に感じるなどの精神的症状の他に、眠れない、食欲が落ちたなどの肉体的な症状が出る事があります。後者の症状を訴えて一般の内科にかかる方が多いようです。その際に血液検査やレントゲンなどの画像検査をしても肉体的疾患が見つからなかった、特に異常が見つからなかった場合、精神科にかかることになります。精神科では医師との相性が大切になってきますので、信頼できる医師を探す事も大切です。

治療方法についての説明

うつ病を一過性なものと捉えたり、甘えだと我慢して放置してしまったりすると、症状はますます悪化してしまいます。風邪と同様、うつ病には薬での治療と十分な休養が必要です。十分な休養を取って心身の疲れを癒し、薬での治療で脳内の伝達物質のバランスを整えます。抗うつ薬の中には、効果が出るまでに2〜3週間以上かかる場合もありますので、飲んでも効かないと服用をやめてしまってはいけません。また、薬は少ない量から始め、効果のほどや副作用などの観察をしながら、患者さんにあわせて薬の量が増えていくのが一般的です。量が増えたからといって、病状が悪化しているわけではありませんので、不安になる必要はありません。うつ病は、治療を始めてからすぐに効果が現れるわけではありませんので、焦らずじっくりと治療に取り組むことがないより大切です。

うつ病の治療に専念しましょう

仕事をしている方の中には、うつ病になってしまったけど仕事を休めない、という状況にある方が多い傾向にあります。その時は、休職という制度を利用してみてはいかがでしょうか。一見仕事を休むためクビになると考える方がいると思いますが、会社には籍が残っている状況になります。そのため、うつ病が完治したらまた復帰することができます。 うつ病になってしまう原因として、日々のストレスや疲労などがあげられます。より早く治すためには、休職して治療に専念することが一番の近道だと言えます。うつ病を放置しておくと重度が増し、治療も長引いてしまいます。 休職することによって、仕事がまたできるという今後の安心感も持てるため、治療もスムーズに進むと思います。

多くの会社では休職を取り入れている

どの会社も、必ずと言って良いほど休職というシステムが適用されます。うつ病の治療に専念したいと言う理由でも、休職を認めてくれる会社が多いです。休職には期間というものがあるので、診断された場合は会社と相談しておくのが良いと思います。 仕事をしている方でうつ病になってしまった場合、休職することをおすすめしますが、仕事をしないということは収入がなくなると考えられやすいです。ですが、休職と言うのは一定の手当てを出してもらえるのです。健康保険から出してもらえるもので、手当て名は傷病手当に該当します。基本的には法律で、標準の月額給料の6割となっています。 うつ病になってしまった場合はこのような取り組みを利用して、治療に専念して頂きたいと思います。

Menu

ストレスからくる病気

うつ病はストレス社会といわれる現代では、誰でも隣り合わせに抱える病気の1つです。ストレスが解消されない限り今後も益々増えていくことが予想されます。うつ病は再発の可能性も高いといわれています。

詳細を確認する

医師の管理で治療

うつ病の治療に励むときには薬物治療などを行いますが、医師の指導のもとしっかりと容量や用法を守っておくことが大切です。うつ病にかかった時には別のうつ病患者で治療改善している人の真似をしてみるのも良いでしょう。

詳細を確認する

うつ病患者に対して

うつ病の可能性のある人が周囲にいる時には、観察と会話の中でうつ病かどうか診断することが可能です。その人が納得して病院で治療を受けてもらう為にも会話の中で原因をつきとめフォローしてあげることが大切です。

詳細を確認する